2016年09月25日

今年のアッケシソウは・・・

日に日に草原や湿原の色が変わる春国岱ですが、アッケシソウの紅葉は昨年に続いていまいちな予感が漂ってきました。

DSCF9904.JPG

例年だと9月下旬から10月初旬が見頃ですが、これから赤く色づく気配をあまり感じません。

とはいえ湿原では夏鳥のアオサギが乱舞し、水辺ではカモたちが休憩をしたりエサを探して逆立ちしたり、またしっとり秋の草原を感じられたり、見どころはたくさんです。

DSCF9872.JPG

こんな流木オブジェを見つけました。

DSCF9863.JPG

さて、どこにあるでしょう。このシカさんを探して歩いてみてください♪

今日と昨日で見られた鳥
・アオサギ・オナガガモ・カルガモ・マガモ・ヒドリガモ・コガモ・トビ・オジロワシ・タンチョウ・ウミネコ・オオセグロカモメ・アカゲラ・ヒバリ・ハクセキレイ・タヒバリ・ノビタキ・オオジュリン・カワラヒワ・ハシボソガラス・ハシブトガラス
posted by 春国岱 at 16:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月18日

ただ今カモ何羽?

朝からカモの大群が、春国岱に押し寄せています。

DSCF9840.JPG

800羽はいたでしょうか、多くはヒドリガモ・オナガガモで、その中にマガモやカルガモなども混じっていました。きっとまだまだ種類はいそうです。みつけたらぜひ教えてください!

カモゾーンの隣では、漁師さんがアサリ採りをしていました。

DSCF9844.JPG

これぞラムサール条約登録湿地の風蓮湖・春国岱の風景ですね。
posted by 春国岱 at 09:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月15日

【移り変わる鳥たち】


日中の最高気温が20度を下回る日が出始め、いよいよ秋に突入です。風蓮湖の干潟を賑わせていたシギやチドリの仲間は随分と数が少なくなり、大部分は南へと渡っていったようです。
現在風蓮湖には、シギたちとバトンタッチするかのようにカモの仲間がたくさん飛来しています。ふと上空を見上げると、沢山のカモが一定の方向に向かって飛翔していることもあり、何百もの大群は見ていて圧巻です。
少し涼しくなった秋の風蓮湖・春国岱でじっくりとカモを観察してみてはいかがでしょうか。

(9月14日、15日に風蓮湖・春国岱で観察した野鳥)
マガモ、オナガガモ、コガモ、ハジロカイツブリ、キジバト、アオバト、ウミウ、アオサギ、タンチョウ、ミヤコドリ、メダイチドリ、オオソリハシシギ、アオアシシギ、キアシシギ、トウネン、ミユビシギ、チュウシャクシギ、ウミネコ、ワシカモメ、オオセグロカモメ、トビ、オジロワシ、オオタカ、アカゲラ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ヒバリ、コヨシキリ、ハクセキレイ、カワラヒワ、ベニマシコ、アオジ

S4Q_7086.jpg
◆V字編隊で飛翔するオナガガモ

DSC04705.jpg
◆風蓮湖に浮かぶカモの仲間

S4Q_7109.jpg
◆ミユビシギ(冬羽)
posted by 春国岱 at 12:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする