2019年02月02日

箕輪義隆 作品展開催中

「海鳥識別図鑑」や「見る読むわかる野鳥図鑑」などを出版されている科学イラストレーター箕輪義隆さんの作品を展示しています。

先日、箕輪さんご本人がお越しになり、それぞれの技法や識別が難しい「ジシギ」を描いた時のエピソードをお話してくださいました。


DSCF3514.JPG

◆箕輪さんご本人


作品は3月3日(日)までネイチャーセンターの1階に展示していますので、ぜひご鑑賞ください。


DSCF3569.JPG

DSCF3553.JPG
posted by 春国岱 at 11:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月27日

春国岱野鳥情報と年末年始の休館のおしらせ

12月22日の春国岱野鳥情報です。

若いタンチョウとみられる2羽が、風蓮湖で採食していました。湖面に氷が張ると、鶴居村などの給餌場に移動しますが、昨シーズンは暖冬で、風蓮湖に氷が厚く張らず、1年を通してこの地で過ごすタンチョウがいました。
今年はどうなるでしょう。


DSCF3360.JPG

ユキホオジロやハマヒバリなどの冬鳥は、確認できませんでした。

(ヒバリコース・アカエゾマツコース・キタキツネコース)
オオハクチョウ・ヒドリガモ・ハシビロガモ・オナガガモ・クロガモ(海側)・ウミアイサ・タンチョウ・トビ・オジロワシ・アカゲラ・ハシボソガラス・ハシブトガラス・ハシブトガラ・ヒガラ・ヒヨドリ・ミソサザイ・ハクセキレイ

【年末年始の休館日のお知らせ】
12/25(火).26(水).29(土).30(日).31(月)
1/1(火).2(水).3(木)
1月4日から通常開館です。

*なお休館日でも、春国岱と自然学習林の自然観察路、東梅駐車場のトイレは自由にご利用いただけます。
posted by 春国岱 at 18:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月17日

オオハクチョウ飛来数調査の結果と観察会のお知らせ

16日に今期3回めのオオハクチョウ飛来数調査を実施しました。

<調査場所>
・風蓮湖と温根沼の19地点

<調査結果>
・合計 1,657羽 そのうち成鳥1,537羽・幼鳥120羽(幼鳥の割合は7.2%)

前回2日に調査したときの飛来数は、1,863羽でした。

例年11月中旬に行う3回めの調査時が、最大飛来数となるので、
今年は少し早めに越冬地へ移動しているのかもしれません。

DSCF2834.JPG

オオハクチョウは、カムチャツカ半島など北の地方で繁殖し、
秋になると、冬を過ごす本州に家族で移動します。(厚岸湖でも一部越冬します)

風蓮湖は、繁殖地と越冬地を行き来する際の休憩場として、とても大切な場所です。
オオハクチョウが、風蓮湖でどのように過ごしているのかじっくりみる「オオハクチョウ観察会」を12月2日(日)に開きます。

双眼鏡の貸出しもありますので、お気軽にご参加ください。