2017年02月20日

ワシ類カウント調査4回目

本日(2月20日)今シーズン最後のワシ類カウント調査を実施しました。風蓮湖および温根沼合わせて642羽のワシ類を観察しました。温根沼や風蓮湖南部の氷下待網漁の操業が終了したのか、ワシ類はほとんど風蓮湖北部に集まっていました。今シーズンの最大個体数は2月1日に実施した1016羽でした。徐々にワシたちが風蓮湖から分散し、個体数が減ってきています。厳冬期を楽しませてくれたワシたちとの別れの季節が少しずつ近づいているようです。まだまだワシを観察するチャンスはありますので、ぜひ冬の風蓮湖をお楽しみください!

ワシ類確認数_170220.jpg
◆調査結果
posted by 春国岱 at 17:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月16日

きょうのごちそう

魚をくわえたハシボソガラスが、観察窓の前の木に止まりました。

DSCF0895.JPG

双眼鏡で見てみると、口からはみ出している肉厚の魚はカレイでした。
今年は風蓮湖でカレイが大漁だと漁師さんから聞きました。

DSCF0896.JPG

その恩恵を受けたカラスですが、この後エサのにおいをかぎつけたトビや他のカラスにちょっかいをかけられていたので、誰の口に入ったのかはわかりません・・・

posted by 春国岱 at 14:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月07日

ワシ類調査3回目の結果

2月6日に3回目のワシ類個体数カウント調査を行いました。
この日は温根沼、風蓮湖での氷下待ち網漁の操業がほとんどなく、ワシたちもおこぼれをもらえず木の上で休んでいる個体がほとんどでした。場所によってはワシのなる木ができていました。

S4Q_8362(2).JPG
◆ワシのなる木

カウント結果はオオワシ、オジロワシ合わせて513羽と前回の半分ほどとなりました。ワシ類と氷下待ち網漁の関係が密接であることが良く分かります。
次回は2月20日に実施予定です。風蓮湖の氷の張り具合で氷下待ち網漁の操業期間も変わってきます。今年はいつまで風蓮湖の結氷が続くでしょうか。

ワシ類確認数_170206.jpg
◆調査結果
posted by 春国岱 at 16:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする