2017年11月16日

オオハクチョウ個体数調査実施しましたB

11月13日に今シーズン3度目の個体数調査を実施しました。

合計:2,036羽(うち成鳥1,919羽、幼鳥117羽;幼鳥の割合は5.7%)
 前回から282羽増(前回1,754羽:成鳥1,647羽 幼鳥107羽;幼鳥率6.1%)
内訳
@ 温根沼周辺(温根沼、温根沼大橋周辺の根室湾)
477羽(うち 成鳥439羽 幼鳥38羽)前回から68羽減
A 風蓮湖:春国岱周辺(春国岱、白鳥台、第一トウバイ川河口)
705羽(うち 成鳥676羽 幼鳥29羽)前回から113羽減
B 風蓮湖:中西部(走古丹、風蓮川河口、槍昔、別当賀川河口)
854羽(うち 成鳥804羽 幼鳥50羽)前回から463羽増

今日はネイチャーセンターの室内からも成鳥16羽、幼鳥2羽を観察。
浅瀬で水草のアマモを探すのに、逆立ちしている様子が見られました。
日に日に気温が低くなるこの季節は、ネイチャーセンターからお気軽にバードウォッチングをお楽しみください。

DSCF8092.JPG

画像は11/13風蓮湖周辺ソウサンベツ地区にて、5つ子でしょうか

posted by 春国岱 at 17:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: