2017年11月19日

オナガガモの衣替え

春国岱周辺でいま一番多くいるのは、オナガガモです。

DSCF8160.JPG

日中、カモはうずくまって寝ていることが多いです。

DSCF8161.JPG

先月までは、オスもメスと同じように地味な茶色の羽の個体が多かったのですが、現在は遠くからでも「オス」とわかるきれいな繁殖羽に変身した個体が増えました。
【後頭部から胸にかけて白い筋があるのがオス】

DSCF8133.JPG

ここ数日は、散策路の木道近くに約30羽のオオハクチョウが群れています。
オオハクチョウの声や何をしているかじっくり観察できておすすめです。

DSCF8125.JPG

アマモを食べるオオハクチョウ

posted by 春国岱 at 16:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月16日

オオハクチョウ個体数調査実施しましたB

11月13日に今シーズン3度目の個体数調査を実施しました。

合計:2,036羽(うち成鳥1,919羽、幼鳥117羽;幼鳥の割合は5.7%)
 前回から282羽増(前回1,754羽:成鳥1,647羽 幼鳥107羽;幼鳥率6.1%)
内訳
@ 温根沼周辺(温根沼、温根沼大橋周辺の根室湾)
477羽(うち 成鳥439羽 幼鳥38羽)前回から68羽減
A 風蓮湖:春国岱周辺(春国岱、白鳥台、第一トウバイ川河口)
705羽(うち 成鳥676羽 幼鳥29羽)前回から113羽減
B 風蓮湖:中西部(走古丹、風蓮川河口、槍昔、別当賀川河口)
854羽(うち 成鳥804羽 幼鳥50羽)前回から463羽増

今日はネイチャーセンターの室内からも成鳥16羽、幼鳥2羽を観察。
浅瀬で水草のアマモを探すのに、逆立ちしている様子が見られました。
日に日に気温が低くなるこの季節は、ネイチャーセンターからお気軽にバードウォッチングをお楽しみください。

DSCF8092.JPG

画像は11/13風蓮湖周辺ソウサンベツ地区にて、5つ子でしょうか

posted by 春国岱 at 17:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月09日

オオハクチョウ調査実施しましたA

11月2日に今期2度目のオオハクチョウ飛来数調査を行いました。

結果は前回20日に比べて約3倍増えました。
順調に渡りが進んでいるようです。

合計羽数:1,840羽 (成鳥1,730羽、幼鳥110羽)※幼鳥の割合は6%
(前回の調査結果は全体で634羽)
内訳
@温根沼周辺  545羽
A春国岱周辺  818羽 (春国岱・白鳥台・第一トウバイ川河口)
B風蓮湖中西部 477羽 (走古丹・風蓮川河口・槍昔・別当賀川河口)

風蓮湖には、アマモという水草がたくさん生えています。
オオハクチョウやカモたちの貴重なエサ資源です。

次回の調査は13日に予定しています。

DSCF8029.JPG


posted by 春国岱 at 13:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする